店を長続きさせるため

飲食店

創意工夫と改善活動

飲食店を開業したいと考えている人は多くいます。自分の店を持ちたいと考え、資金をためて開業する人も少なくないのです。しかしすでに成熟市場になっている飲食店業界では、開業後にしっかりと利益を出していくことは難しいのです。新規開業しても、数年後には閉店しまうケースが少なくないのです。その理由の多くが、店を経営することを理解していないケースが多いのです。飲食店は、サービス業です。料理をすることが得意などの理由で開業するケースは少なくないのですが、あくまでもオーナーは経営者なのです。料理の提供と経営は別軸で切り離して考えることが大事なのです。オーナーと現場を兼務している場合、両方の考え方を持つことが求められます。どちらの要素が欠けても店を繁盛させることはできないのです。飲食店の経営は、利益をいかに出すかがポイントになります。コストの削減や売上の拡大などを常日頃意識しておくことが大事なのです。経営学を事前に学ぶことも効果的です。経営は店をどのように切り盛りするのかを常に創意工夫と改善活動を行う必要があります。現状に満足しては経営しているとは言えないのです。改善は顧客ニーズの多様化などによりすぐに変化します。それにいち早く気づき、改善させることで顧客ニーズを離さずに顧客を確保し続けることが可能になるのです。もちろんそこにコスト意識も必要です。サービスを求めている顧客に定価は存在しません。値付けなども市場などを参考に決めるなどの工夫が必要なのです。